スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国会>「会期延長せず」首相と参院議員会長一致(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日、首相官邸で民主党の輿石東参院議員会長と会談し、6月16日までの今国会の会期を延長せず、郵政改革法案など重要法案の会期内成立をめざす考えで一致した。

 国会会期を延長しない場合、公職選挙法の規定で参院選は日曜日なら7月11日投開票となる。小沢一郎幹事長も20日、松江市での会合で「今後の国会や政局次第でどうなるか分からないが、順序通りいけば(参院選投開票は7月)11日になっている。大事なもの(法案)は優先的に選んで処理していきたい」と述べ、会期通りの閉会を示唆した。

 ただ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などで終盤国会は混乱するとみられる。また、国民新党が重視する郵政改革法案、社民党が重視する労働者派遣法改正案など、連立の関係が絡む法案の成立も微妙な情勢のため、流動的な要素も残っている。

【関連ニュース】
首相補佐官:韓国公使発言に勇み足
山崎飛行士:鳩山首相を表敬訪問
韓国哨戒艦沈没:鳩山首相「北朝鮮の行動は許し難い」
口蹄疫:鳩山首相「責任追及より感染防止が先」
普天間:鳩山首相 23日に沖縄県再訪問で調整へ

<貨物船>宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省(時事通信)
<普天間>政府、沖縄県に鳩山首相の再訪問予定を伝える(毎日新聞)
<著作権>権利制限の一般規定導入へ(毎日新聞)
<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。